キナコブログ

キナコブログはシンプルだけど素材感や着心地を大事にした『大人の自分服』を探し続けるメンズファッションブログです。時計やキャンプも大好きです。

SEIKO 時計

セイコーダイバーズ 機械式『SBDX019』のオーバーホールの料金や純正ベルトの料金など

更新日:

SBDX019のリストショット

セイコーファーストダイバーズ『SBDX019』の人気が高く、ヤフオクなどでは定価を上回るプレミア価格で取引されている異常事態です。

SBDX019は機械式ムーブメントなので、ずっと使い続けるためには、オーバーホールをして定期的にメンテナンスに出す必要があります。

中には「動かなくなってからオーバーホールを出す」という人もいるみたいですが、取り返しのつかないことになる前に、定期的にオーバーホールする方が良いと思います。

ところで「SEIKOのカスタマーのオーバーホール料金っていくらするんだろう」と疑問に思ったので、SEIKOさんに聞いてみました。

機械式 セイコーダイバーズ SBDX019のオーバーホール料金は?

ステンレスベルトを装着したSBDX019

SBDX019のオーバーホールの料金

¥23000円+税 との事。この値段が基本料金になるようです。

ROLEXなどの海外高級腕時計のオーバーホール料金と比べるとかなり安く感じませんか?

ずっと使い続けていこうと思っている人にとって、SBDX019のオーバーホール代が比較的安いというのは正直嬉しいと思います。

オーバーホールの周期は?

オーバーホール料金を聞くついでに周期も聞きました。

3年ごとのオーバーホールを推奨しています。との回答でした。

オーバーホール代もびっくりするほど高いわけではないので、ずっと使い続けるのなら積極的にオーバーホールに出して時計をリフレッシュさせてあげた方が良いと思います。

SBDX019の純正ベルトの値段は?

SBDX019

ROLEXなどの高級時計はベルトだけでも10万円以上する場合もあると聞きます。

ずっと使い続けていくとベルト自体がダメになるパターンも出てくると思うので、オーバーホールの件と一緒に純正ベルトの値段も聞いてみました。

SBDX019のシリコンベルトの値段

¥22,700円+税。

シリコンベルトは結構しっかりしているので妥当な価格設定ではないでしょうか。

【代用可】SBDX019につけれる19mm幅の交換用ベルトも多数あるので純正にコダワリがなければ選択の一つとして十分アリでしょう。

SBDX019のステンレスベルトの値段

¥50,900円+税。

納期

いずれも工場在庫がない状況です。今現在の納期は未定だそうです。

注文後に納期を連絡するという形をとっているそうです。

必要な方は早めに注文を入れておきましょう。

[ まとめ ]

SBDX019の厚みの画像

ROLEXの時計を日本ロレックス社に出したオーバーホールの料金だけで10万円くらいかかる事は珍しいことではありません。

それに比べるとSEIKO プロスペックス 機械式のオーバーホールの値段はかなり良心的だと思えるのではないでしょうか。

1本は欲しい!SEIKO ダイバーズ 機械式の人気時計一覧をみてみる

 

 

こんな記事やトピックスも読まれています

みんなが見ている人気記事

-SEIKO, 時計
-, ,

Copyright© キナコブログ , 2019 All Rights Reserved.