キナコブログ

キナコブログはシンプルだけど素材感や着心地を大事にした『大人の自分服』を探し続けるメンズファッションブログです。時計やキャンプも大好きです。

SEIKO 時計

SEIKO 1stダイバー復刻『SBDX019』と『SBDC051』を詳細に比較してみました。

更新日:

SBDX019とSBDC051の比較画像

ファーストダイバーズ復刻の『SBDX019』の再販でも入手できなかった人は、中古で入手するか現代デザインモデルの『SBDC051』を入手するかの2択に迫られます。

SBDX019とSBDC051この2本の価格差は約4倍、大きさや文字盤のカラー、ガラスの形状とデザインも少しづつ違うけど本当はどうなんでしょうか。

では、この2型が手元にあるので、詳しく比較していていきます。

少しでも参考になれば幸いです。

SBDX019とSBDC051の比較

大きさ

SEIKO ファースト復刻 SBDX019とSBDC051の大きさ比較

パッとみてもわかる通りSBDX019(左)の小ぶりさが際立ちます。ギュッと凝縮されているデザインです。

ケース幅は

SBDX019(左)が39.9mm

SBDC051(右)が42.6mm

その差、2.7mmです。ケース幅が2.7mmも変われば見た目も大きく変わるのも当然ではないでしょうか。

ベゼルの幅

次に、ベゼルの幅を見てみます。

ベゼルの幅が太いSBDC051(右)の方がインパクトがあり存在感もあります。

SBDC051はベゼルの幅の太さと文字盤の色が同じなので、より大きく見えるでしょう。

ダイバーズウォッチとしては、SBDX019の存在感に不満を感じてしまう人もいるかもしれません。

重さ

セイコー ダイバー SBDX019の重さ

SEIKO ファースト復刻 SBDC051の重さ

2本ともコマ数は同じです。

上 SBDX019が154g

下 SBDC051が169g

腕周りが約17.5cmの私で丁度良い長さのコマ数で計測しているので、腕周りが私より太い人だともう少し重たくなります。

重さに関しては、2本とも大差ないように思います。

文字盤

セイコー ダイバー ファースト復刻 SBDX019とSBDC051の文字盤の比較

続いて文字盤です。

SBDX019(左)はグレー

SBDC051(右)はブラックです。

インデックスが白いのでSBDC051の方がクッキリ見えて視認性は高いように思えます。

文字盤のデザイン

SEIKO SBDX019とSBDC051の文字盤の比較画像

文字盤のデザイン、インデックスバーのデザインや針も全くデザインが違うことがわかります。

大きいくくりでは、ファーストダイバーズウォッチですが、全く違ったデザインではないでしょうか。

SBDX019(左)はインデックスバーや針にも現れているように全てが四角くシャープなデザインです。

丸っこいドットインデクスが主流のダーバーズウォッチデザインが定番ですが、2本とも正反対なデザインで好みは分かれるでしょう。

視認性の比較

セイコー ダイバー の視認性

セイコー SBDX019とSBDC051のガラスの曲線

SEIKO SBDX019のボックス型サファイヤガラス

SEIKO SBDC051のサファイヤガラス

文字盤の見え方は全く違うことがわかると思います。

採用されている風防ガラスは、

SBDX019(左)はボックス型サファイヤガラス

SBDC051(右)はカーブサファイアガラス

視認性はSBDC051の方が良いと思います。ガラスに歪みがないのでフラットで見やすいです。

サイドのデザイン

セイコー ダイバー SBDX019とSBDC051の横から見た画像

横から見たケースデザイン

SBDX019(左)はフラットでシャープなデザインに対して

SBDC051(右)は流れるようなデザインです。

厚み

SBDX019(左)の方が若干厚いです。

SBDX019が14.2mm

SBDC051が13.75mm

厚みの差はほとんど感じられないと思います。

SBDX019とSBDC051のステンレスベルトの比較

仕上げ方が違う

セイコー ダイバー ファーストのステンレスベルト比較

SEIKO ダイバー SBDX019とSBDC051のベルトの比較

左がSBDX019で右がSBDC051です。

コマとコマの間の仕上げが一番違うと思います。

SBDX019(左)はマットな仕上げに対し

SBDC051(右)はコマとコマの間にポリッシュ仕上げがされています。

しなやかさが違う

SEIKO SBDX019の厚み

セイコー SBDC051の厚み

上がSBDX019 下がSBDC051です。

SBDX019(上)のベルトはしなやかさがあり、

SBDC051(下)のベルトは少し硬さがあります。

SBDX019のステンレスベルトのコマは一つ一つが広範囲で可動します。その分しなやかな印象。

 

こちらの比較レビューも参考にしてみてください。

[ まとめ ]

SBDX019とSBDC051はデザインの元は同じ国産ファーストダイバーズウォッチです。

忠実に再現されたSBDX019に対して、現代版デザインのSBDC051。

似て非なるものの2本を比較してわかった事は、この2本は全くの別物だという事でしょう。

しかし、2本ともカッコイイのには変わりません。

価格は約4倍差、どう感じますか?

SBDC051も人気が出てきました。

SBDC051の最安値はこちらから確認できます。

SBDX019の在庫もちらほら復活?してきました。

SBDX019の在庫有りのお店はこちら。

 

 

こんな記事やトピックスも読まれています

みんなが見ている人気記事

人気記事TOP5

水沢ダウン マウンテニアのサイズ感 1

BEAMS JAPAN(ビームスジャパン)別注の水沢ダウン【マウンテニア】。 水沢ダウンは、機能性や保温力、デザインなどは全てが完璧なダウンジャケットではないでしょうか。 魅力たっぷりな仕様や別注なら ...

2

セイコーが発売した国産初のプロスペックス ダイバーズウォッチのファースト復刻モデル『SBDX019』は、世界限定2000本という完全限定品でプレミア価格確定のスペシャルウォッチ。 予約が開始されるやい ...

3

ファーストダイバーズ復刻の『SBDX019』の再販でも入手できなかった人は、中古で入手するか現代デザインモデルの『SBDC051』を入手するかの2択に迫られます。 SBDX019とSBDC051この2 ...

paraboot CHAMBORD パラブーツ シャンボード ネイビー 4

革靴なのに履きやすくて雨にも強い『paraboot CHAMBORD(パラブーツ シャンボード)』。 評判も上々で、おしゃれさんの間でも欠かせないアイテムの一つでしょう。 ファッション業界のプロも愛用 ...

5

THE NORTH FACE(ノースフェイス)の定番の登山用細身のパンツ「アルパインライトパンツ」。 もともとは山のプロフェッショナルブランドが作るトレッキングパンツですが、無駄なデザインを削ぎ落とし ...

-SEIKO, 時計
-,

Copyright© キナコブログ , 2018 All Rights Reserved.