キナコブログ

キナコブログはシンプルだけど素材感や着心地を大事にした『大人の自分服』を探し続けるメンズファッションブログです。時計やキャンプも大好きです。

SEIKO 時計

【実機レビュー】セイコーメカニカル『SARB035』は、なぜ革ベルトが推奨なのか?

更新日:

SEIKO SARB035

すでに廃盤になってしまった、セイコー メカニカル『SARB035』

サイズ感も良く品質も高く価格もリーズナブルなだけあって「プアマンズGS」と揶揄されながらも長年愛されたモデルの一つではないでしょうか。

当記事では、なぜレザーベルトに交換する方が良いのか、と『SARB035』の実機レビューを中心に紹介していきます。また、『SARB035』に似たグランドセイコーも紹介していきます。

革ベルトを推奨する理由

なぜ革ベルトがオススメなのか、さっそく本題へ。

まずは、ステンレスベルト本体のコマとバックル部分をみてください。

SEIKO SARB035 のステンレスベルト

わかるように、コマの幅が大きいです。対してバックル部分の調整穴が2つしかないので、微妙な調整しかができません

これが革ベルト推奨の理由です。

私の腕周り(約17.5cm)だと、絶妙な調整加減ができないので大きくなり過ぎたり窮屈になり過ぎたりします。

非常に残念なポイントです。

mont-bellコラボのCITIZENプロマスター『BN0111-54E』はハイスペックでおすすめのアウトドアウォッチ」のベルトに採用されているラチェット機能のようなモノがあれば革新的で使い勝手も良いのですが、そうもいかないのでしょう。

私と同じくらいの腕周りの持ち主はレザーベルトに交換した方が良い満足度は高くなるでしょう。

フィット感を最重要視する人は標準のステンレスベルトを諦めるしかありません。

ですが、『SARB035』自体は本当に素晴らしい時計です。

実際に使っているのでレビューも紹介していきます。

セイコー メカニカル『SARB035』のレビュー

シンプルで飽きない

SARB035 セイコー

至ってシンプルです。シンプルなので特にコレと言って特徴がないのが本音ですが、それが心地良い。

飾らなくて良いのでストレスも感じません。実用性が非常に高いとも言えるでしょう。

作り込みが半端ない

SEIKO SARB035

文字盤の作り込みは目を見張るモノがある。

30,000円代前半で購入できるクォリティーではないでしょう。

この作り込み感がプアマンズGSを言われている所以です。

プアマンズGS(グランドセイコー)?

少しネーミングに嫌味を感じる「プアマンズGS」、裏を返せば、グランドセイコーにも匹敵するほどの品質の高い時計ということではないでしょうか。

ここで『SARB035』と同じグランドセイコーのクリーム文字盤の中でも特に異彩を放っているモデルを一つ紹介したいと思います。

GSオリジナルボール付 Grand Seiko グランドセイコー 9S65(手巻つき) SBGR271自動巻メカニカル3Days 腕時計 時計 ショッピングローン無金利対象品

 

グランドセイコーの自動巻き『SBGR271』というモデル。

グランドセイコーの中でも異彩を放っているモデルです。

『SARB035』と同じクリーム文字盤で赤い目盛り、レトロなデザインでかつ小ぶりなサイズ感など全てが素晴らしい。

もう100点満点です。

(ちなみに『SBGR271』の詳細と価格はこちらから)

 

見比べると雲泥の差がある両モデルですが、『SARB035』の外周の目盛りがもしも赤だったら、と考えると、あながちプアマンズGSも間違ってないと思います。

セイコー『SARB035』のサイズやベルト幅

サイズ感

セイコー SARB035

ケース幅は約38mmです。私の腕周りは約17.5cmで丁度良い大きさです。

私のように腕が細めの人は時計のサイズを40mm以下にすると、しっくりくると思います。

また、ベルト幅は20mmです。私のようにステンレスベルトに不満を持っている人はレザーベルトに交換した方が良いでしょう。

その方がストレスがありません。

[ まとめ ]

いかがでしたでしょうか。

『SARB035』は非常にリーズナブルで品質も十分、そしてガンガン使えるシンプルな腕時計です。実用性はトップクラスで間違いないでしょう。

ただ、前述したように標準のステンレスベルトだけが不安材料。これ除けば、かなり合格点レベルだと思います。

このスペックとクォリティーで、驚きのコストパフォーマンスを実現した『SARB035』レベルの腕時計は、今後おそらく現れないでしょう。

 

『SARB035』は残念ながら廃盤となってしまい新品での入手は困難な状況下にあるので、綺麗な中古品を狙う方が確実です。

品番ではなく型番(6R15-00C0)で探してみてください。意外と状態の良いモノが見つかると思います。

いつも黒文字盤の人は、気分転換に白文字盤も腕につけてみませんか?

SEIKO メカニカル 型番 6R15-00C0で探してみる

 

 

こんな記事やトピックスも読まれています

みんなが見ている人気記事

-SEIKO, 時計
-,

Copyright© キナコブログ , 2019 All Rights Reserved.